デイトレード メンタル 初心者

[本音]トレードにおいて最短で結果を出すための5つの正しい取り組み方

投稿日:2019年11月3日 更新日:

デイトレードやスイングトレードなどの短期での売買で結果が全く出ずに悩んでいる方は多いと思います。

 

今回は結果が出ずに苦労している方に向けて、そこから抜け出す方法を自身の経験からお伝えしていきます。

 

1 期限を設ける

中々成績が向上してこない人にはまずこれをしなければなりません。

 

期限を設ける

 

これがめちゃめちゃ大事です。

 

結果が出ていない状態でも「長くやっていれば経験を積んで上手くなれる」と思っていないでしょうか?

 

自分だけは特別で自分だけは大丈夫という考えは実際のところかなり危険な思考で、さらに受け身の思考なので一番成功から遠い考えです。

 

結果というのは必ずそうなる原因があって、結果を変えたければ何かを変える必要性があります。

 

想像してみて欲しいのですが、勝てない人を近くで見ていたとして、ずっと同じことをやり続けていている人が今後勝てる見込みがあると思えるのか?ということです。

 

自分のことではなく他人がそうなっている状況を思い浮かべると、フラットにその状況を認識することができます。

 

実際私は1年間ずっと独学でやり続けてずっと負け続けて、そこからプライドを捨て独学を完全に辞めてから徐々に成績が向上していきました。

 

それはこちらの記事にも書いています。

[経験談]株トレード初心者は間違いを認めることで勝てるようになる

株のトレードの仕方は無数に存在しています。   はじめての方や、はじめて間もない方は、何か ...

続きを見る

 

今考えるとそこが分岐点で、プライドを曲げずに自力でやり続けていたとしたらどこかで退場していたと思います。

 

自分語りはこの辺にして。

 

期限を設けるのは具体的にどれぐらいがいいのか?

 

デイトレードや短期のスイングトレードでの売買の場合は

 

3ヶ月連続で月間収支がプラス

 

相場全体がたまたま一方通行に行き過ぎた期間だったなど、例外はありますが

 

短期売買では一つの基準になるので、まずクリアできていない場合は使っている手法に優位性はほとんどない為やり方を変える必要が出てきます。

 

つまり、3ヶ月やってダメなら厳しい言い方ですがすぐにトレードをストップさせた方が良いということです

 

2 独学をやめる

まず理解して欲しいのが、相場で利益を継続的に得るということはとても困難なことです。

 

ただこの記事にたどり着いてこの記事を読んでいるということは、当然その事は十分理解しているかと思います。

 

しかしこの事を理解していても結果が出ていない一番の大きい理由として

 

独学で勝ち方を探している

 

「いや自分は本で学んでいるから!」とか「Twitterやブログで学んでいるから!」というのもあるかと思います。自分もそうでしたからわかります。

 

でもそれら全部独学です。そしてそれらはほとんど勝ちには結び付きにくくなっています。

 

なぜか?

 

結局のところ、自分から見てやりやすそうなもの、自分が良いなと思ったものしか実は選んでいないから。

 

今だからわかりますが、相場で継続的に利益を得るポイントで正解があるとするならば

 

本能的にやりづらい部分が利益を得るポイント、これが正解であると個人的には身に染みています。

 

自分がやりやすいものを選んでやっている時点でかなり勝つ方法から遠ざかっていると言えます。

 

そして正直なことを言うと、どこにでも手に入るものというのはノウハウしか得ることができません。

 

簡単に手に入れられるもので勝てるようになったら、それこそ全員勝ち組になっているのではないでしょうか。

 

これだけネットが発達していて情報がたくさん得られるにも関わらず、結果が出る人と出ていない人の比率が変わらないのは、簡単に手に入る情報で独学でやり続けているからだと言えます。

 

3 他人から学ぶ

勝てなくて結果が出続けていないのは、やはり取り組み方が間違っていると考えなくてはなりません。

 

この他人から学ぶということですが、本とかブログとかTwitterやYouTubeなど、誰でも簡単に学べるものではありません。

 

以下でパターン分けをしてみると

 

外交的な人:オフ会やセミナーなど、ネットであればブログ管理人やTwitterの中の人に積極的に交渉して、直接指導してもらえるようにする

 

内向的な人:商材やnoteなど、無料ではなく有料の情報を購入して手法などを完全に真似をする(有料なのは情報の質を上げる為)

 

この2パターンが一番勝てるようになるための近道です。

 

どんなジャンルでも(スポーツや勉強等)上手くいっている人の正しい知識で学ばないと成績は向上することはありません。

 

なぜトレードだけは独学で上手くなれると思うのでしょうか。そんなものはまやかしです。

 

勝っている人の教えに勝るものはない。そう言い切れます。

 

私自身は内向的な性格で、直接人に頼るのがとても苦手なタイプなので商材を購入し完全に真似るスタイルでやりました。(一度小規模のオフ会に参加しましたが、楽しむことが目的という感じだったので勝てるようになる方法を得ることはできませんでした)

 

4 検証する

他人から得た情報を自分のものにするためには、ひたすらそのトレード結果を検証する作業が必要となります。

 

はっきり言ってしまえば、教えてもらったとしても楽に勝てるようになることはないということです。

 

今まで項目が色々ありましたが、この検証するという項目が一番大事なことかもしれません。

 

検証の重要性に関しては以下の記事が参考になるかと思います。

他人のトレードを鵜呑みにしてはいけない!自分を信じる唯一の方法

今は昔よりもインターネットがとても身近なものになり、いつでも欲しい情報がすぐ手に入る時代になっていま ...

続きを見る

 

あと、検証をする環境づくりをしっかり作った方が良いです。

 

どうしても家ではやりたくないorできないといった人は、誰か仲間と一緒にやったり、私も含めていつも一人でトレードをしているといった人はカフェなどに行ってサボれない状況を自分で作るのが良いでしょう。

 

意志の強さによりも環境の方が圧倒的に強いのです。やるしかない状況を作って下さい。

 

※環境を作ることは本当にオススメします。毎日2回カフェにいって次の取引の準備や検証作業やブログ作業などをしていますが、集中力が家とは明らかに違います。特に朝がオススメです。

 

5 発信する

これはアウトプットをするということです。

 

「自分はこれが正しいと思っている」「このチャートは今後このように動くと思う」「この材料はブレイクアウトする材料になる」等

 

何でも良いので自身が思ったことをブログやTwitterなど、人に少しでも見られるところに出してみていって欲しいです。

 

勝ったらやろう、とかではなく、負けている状況でやることをオススメします。

 

外れたら恥ずかしい、バツが悪いなどの理由がありますが、その状況に追い込むことで自分でかなり深いレベルで考えられるようになります。

 

考えが外れたときは「何で外れたんだろう?」とまた恥ずかしい思いはしたくないので、深いレベルで調べたり考えたりするようになります。

 

インプットばかりに時間を割いていた人間でしたが、本当に意外な発見でアウトプットする重要さは計り知れません。(トレード成績もブログを書くようになって2倍以上になりました)

 

筋トレと同じで、負荷を適度にかけると力がついてくる、そんな感じです。

 

今まで苦手で全くやってこなかった人にこそオススメします。劇的に力が付く方法だと実感しています。

 

まとめ

勝てない状況から勝てるようになった状況になったきっかけ。

 

多くの人が一番知りたい部分がこの部分ではないのかなと思います。

 

自身の経験でしか語れないのですが、本音で書いたこの項目の手順通りにやっていけば必ず状況は好転します。

 

ただし、一気にすっ飛ばしてやろうとしても上手くいきません。

 

何事も力を付けていくのは順序があります。(筋トレでイメージするとしたら、一気に重い負荷をかけても持ち上げることすらできません。)

 

一歩一歩着実にクリアしていくことが成功への近道です。

 

頑張っていきましょう!

 

本当に勝てる手法というのは、無料ではほぼ手に入らないという厳しい現実

有益なトレード手法を学びたいと思ったら、今はネットで色んな情報を無料で手に入れることができます。 & ...

続きを見る

株トレード初心者時代を振り返って、失敗や後悔していること3つ

勝つためには過去の失敗から、次に同じ失敗をしないようにどうしたら良いのかを考えて次に繋げていかなくて ...

続きを見る

 

 

-デイトレード, メンタル, 初心者

Copyright© ぜろぷらすトレード安定所 , 2021 All Rights Reserved.