初心者

[手順]株の買い方やり方がわからない方必見!初歩から詳しく解説します

投稿日:2019年4月12日 更新日:




なんとか少しでもお金を運用して増やしていきたい。だけど何だか株のやり方がよくわからない。

 

そう思っている方は多いのではないでしょうか?

 

株の取引はリスクをしっかり認識して着実に運用していけば、お金を使ってお金を運んでくる仕組みをつくることができます。

 

そのための一歩がなかなか踏み出せない方に、株のやり方をなるべくわかりやすく解説しました。

 

何でもそうですが一番はじめが一番むずかしく思えるものです。

 

行動すればすぐに理解できますので、この機会に是非チャレンジしていただきたいと思います。

 

資金が少ない方でも大丈夫

未だに昔のイメージがあるのか、ある程度まとまった資金がないと始められないと思っている方が結構います。

 

ですが今はインターネットが発達して、株の敷居がとても低くなってその分少額からでも始めることができるようになっています。

 

始めようと思ったら実は数千円からでも現在は始められますので。

 

本当に今はネット環境さえあれば誰でも株の取引が行える世の中になっているんですね。

 

ただ、本格的に始めたいという方にオススメしたい金額は「30万円」から。

 

なぜ30万円からかと言いますと、30万円あれば信用取引が使えるからなんです。

 

信用取引とは簡単に例を挙げて説明しますと「30万円証券口座にあればそのお金を担保に約100万まで取引が可能」になります。

 

つまり約3倍ほど使えるお金の幅が広がります。

 

ちょっと怖いかも・・・と思いますがしっかりリスクを認識していれば大丈夫です。

 

株の売買にかかる手数料も信用取引なら安くなる場合が多く、また怖ければ担保にしている30万だけで取引しても全然問題ありません。

 

お金がないから取引できないと思わずに、少額でも良いので自分で体験してみることを強くオススメします。

 

証券会社に口座開設

株の売買をするのには必ず証券会社に口座開設しておく必要があります。

 

お金がかかるのでは?と思う方ももちろんいらっしゃるとは思いますが、どの証券会社も口座開設は無料で行えます。

 

しかも、株の売買に必要なツールも無料で使えるところがほとんどです。

 

証券会社によって違いがあるのは、その人それぞれで感じる使いやすさであったり、手数料の違いであったり、有名どころかそうでないか、こういった違いぐらいです。

 

ただ証券会社はたくさんあるので初めはどれから登録したら良いのかわからないと思います。

 

自分自身が初心者のときがそうでした。

 

一番良いのは片っ端から口座開設をしてどれが自分に合っているかを選ぶのが良いです。

 

ですが、まずは登録した方が良い証券会社を3つ、特徴と合わせて解説しますので参考にしてみて下さい。

 

その後に色々な証券会社を見ていくことをオススメします。

 

GMOクリック証券

よくテレビCMでも流れているので初めての方でも知っている方は知っているかもしれません。

 

このGMOクリック証券はなんといっても手数料の安さです。

 

株の取引を行う際には無料では行うことができず、証券会社に支払う手数料が取られてしまいます。

 

これはどの証券会社も共通なので初めての方が取引に慣れるまでは、やはり手数料が安いことが一番大事です。

 

※出典 GMOクリック証券 2019/1/8時点

 

上記の手数料比較を見てもわかる通り、取引手数料最安値水準をアピールしているだけのことはあります。

 

もちろん取引に使うツールなども充実していますので、まずはここから始めるのがオススメです。

 

 

SBI証券

ここも抑えておきたい証券会社になります。

 

ネット証券口座開設数1位だけのことはあって、色々なサービスが充実しています。

 

その中でも限られた証券会社にしか取り扱いがないサービスとしてPTS取引があります。

 

 

 

 

 

通常の株取引での売買時間帯は9:00~15:00となっています。

 

しかしこのPTS取引は上記の時間に加えて、朝8:20~と夜17:00~23:59まで取引可能です。

 

特に夜間に売買できるメリットは大きいです。

 

例えば、夜にいきなり自分が持っている株に何か悪いニュースが出た場合、PTS取引があればすぐに対処に向かうことができます。

 

一方PTS取引がない証券会社でしか取引できない場合には、次の日の朝以降になってしまうことになって対処に遅れをとってしまう形になります。

 

また、忙しくて時間がない方(サラリーマンの方や兼業の方)でも株取引できるので、日中に取引できない方にSBI証券は強い味方となります。

 

 

松井証券

おそらく株取引始めようと思った方や始めたての方は聞いたことない証券会社だなと思った方は結構多いのではないでしょうか。

 

しかしこの証券会社は一つ大きな強みを持っています。

 

それは「デイトレード」です。

 

松井証券のサービスの中で一日信用取引というものがあるのですが、このサービスは一日に取引を終えるものであれば何回取引しても手数料が無料というものです。

 

小さな値幅を何回も売買して利益を取りたい方にはうってつけのサービスです。

 

デイトレードに興味を持っていて、試しに取引してみたい方は絶対に口座開設しておくべき証券会社です。

 

 

慣れるまでは小さく試す

証券会社の手続きをすべて完了し終えたら、口座に入金したらいよいよ取引開始です。

 

初めはツールの使い方がよくわからなかったり、そのせいで本当にこのやり方で合っているのかと戸惑うことばかりです。

 

ですが一番初めはみんな同じ経験をして、少しずつ取引の仕方を学んでいきます。

 

損をしたくないという気持ちはもちろん誰でもありますが、それよりもまずは慣れるために注文を入れてみたり、無事買えたら次は売りの注文を入れてみたりと勇気を出して行動してみて下さい。

 

いくら事前に調べて準備をしっかりしたとしても、実際に自分の体験として通さなければいつまでたっても上手くはなりません。

 

その為に一番良いのは小さく試すことです。

 

1万円で買える株も全然あるのでそういったところでまずは試して、慣れてきたら5万、10万など、徐々に大きい金額に慣れていくことが一番良い方法です。

 

最初は上手い人のマネから

ここはあえて厳しいことを言いますが、いきなり投資を始めて上手くいくことはまずありません。

 

ビギナーズラックというものはもちろんあるかもしれませんが、それは結局運によるところなので売買回数が増えるごとに確率はやがて収束していきいつかは負けてしまいます。

 

始めから投資センスがずば抜けている方も稀にいるとは思いますが、それはやっぱり稀です。

 

じゃあどうしたらいいのかというと、やはり一番良いのは上手な人をマネてみることです。

 

今はインターネットが身近にあるのでスマホなどで、勝ち続けている人をTwitterやブログなどで見つけてよく観察することをオススメします。

 

勝ち続けているのには必ず理由があります。そこを見つけ出すんだという強い気持ちを持って日々チャレンジしてみて下さい。

 

セミナーを活用してみる

セミナーを行える人というのは実績がなければできません。

 

主催する側が、しっかり本物なのか偽物なのか審査しますから当然です。

 

なのでセミナーを活用して株式投資の勝ち方を学ぶことはとても有益です。

 

有名どころではパンローリングが主催している投資戦略フェアです。

東京大阪どちらかで開催されるので、どちらか近い方で日程が合う方は参加を検討するのもアリです。

 

次回開催日などはサイトに記載がありますので、興味がある方はチェックしてみて下さい。

 

投資家同士の交流も、懇親会といったイベントで繋がりを持つ機会がありますので、投資家仲間を作りたいという方にとってもとても良いセミナーです。

 

さいごに

たくさん説明させていただきましたが、まずは何よりも一度自分でチャレンジすることが大事です。

 

そして、一歩踏み出したら諦めずにチャレンジし続けて下さい。

 

その最初の一歩が、もし当ブログを読んだことがきっかけであったならこんな嬉しいことはありません。

 

悩むよりまずは行動を意識して、勝ち続けられる投資家を目指して下さいね。

 



-初心者

Copyright© ぜろぷらすトレード安定所 , 2021 All Rights Reserved.